2019年5月17日金曜日

ひと月 四




〈もくじ〉

対話「こどもと整体」〜赤ちゃんの不足と満足〜
 - こどもとお母さんの力関係
 - 不足・不満に間に合う
 - 赤ちゃんは十五分ごとに変わっている
 - 気づく回数
 - 満足という状態

●マンガ「ホーメストタウン1」

絵解き「体操をつくる」
 - 骨盤開閉体操
 - 首を緩める体操
 - 人の話を聞く体操

●詩「水のおもかげ」

整体覚書「道順」
 - 心と体の境界線
 - 全ては体から出発している
 - むすんでひらいて、開いて結ぶ
 - 自己観察のすすめ
 - 運動の痕跡
 - 単純化の中身

●マンガ「ホーメストタウン2」


〈執筆と編集〉
川﨑智子(と整体)× 野上麻衣(保育士)× 鶴崎いづみ(観察と編集)

〈表紙写真〉
野上麻衣

〈発行〉 2019年5月15日
〈部数〉 70部
〈定価〉 300円(送料別)※年間購読 3000円(送料込)
〈版形〉 B6サイズ/全22ページ


在庫あり

2019年4月15日月曜日

ひと月 三







〈もくじ〉

対話「こどもと整体」〜こどもと思春期〜
 - 思春期、性の問題
 - それを嗅ぎ分けることができるかどうか
 - 自分ではどうにもならない、でもものすごくエネルギーを秘めている
 - 思春期のエネルギーは一生を支える
 - 決めなくていいけれども型を求める

手紙「或るひとへ」

絵解き「体操をつくる」
 - むくみをとる体操
 - 一個にする体操
 - 動かす体操
 - 声を聞く体操

●マンガ「いねむりまんが」

整体覚書「道順」
 - 重力の遊び
 - 間接作用の道具化
 - 自歩と行動力
 - 休息と休養


〈執筆と編集〉
川﨑智子(と整体)× 野上麻衣(保育士)× 鶴崎いづみ(観察と編集)

〈表紙写真〉
川﨑智子

〈発行〉 2019年4月15日
〈部数〉 70部
〈定価〉 300円(送料別)※年間購読 3000円(送料込)
〈版形〉 B6サイズ/全22ページ


在庫あり

2019年3月15日金曜日

ひと月 二


〈もくじ〉

対話「こどもと整体」〜こどもの終わり〜
 - わたしはいつまでがこどもなの?
 - お母さんたちを見てみましょう
 - こどもと大人の境目
 - こどもが終わる
 - 体をつくる準備

絵解き「体操をつくる」
 - ぎっくり予防体操
 - 終わらせる体操
 - 肩の力を抜く体操
 - 距離感体操

整体覚書「道順」
 - 不自由を知る
 - 使い方を覚える
 - 恒常性を観る
 - リズム
 - 首


〈執筆と編集〉
川﨑智子(と整体)× 野上麻衣(保育士)× 鶴崎いづみ(観察と編集)

〈表紙写真〉
江頭尚子

〈発行〉 2019年3月15日
〈部数〉 70部
〈定価〉 300円(送料別)※年間購読 3000円(送料込)
〈版形〉 B6サイズ/全18ページ
在庫あり

2019年3月12日火曜日

鶴崎正良「新作展」

父がここ一年で描いた絵の展覧会を企画しています。
お近くにお越しの際にはふらりとお立ち寄りください。

-
鶴崎正良「新作展」

会期:2019年4月27日〜5月6日(会期中無休)
時間:14時〜20時
会場:路地と人

※オープニングイベントあり
※詳しくは、路地と人のウェブサイトをご覧ください。
https://rojitohito.exblog.jp/239144981/


2019年2月22日金曜日

『ひと月』取扱

冊子『ひと月』

〈取扱〉
東京 |新宿  Irregular Rhythm Asylum
        模索舎
    八王子 Cafe rin

〈ここでも読めます〉
香川 |豊島  てしまのまど
東京 |八王子 馬天使
        いまここcafe杜丸

〈郵送販売〉
一部 300円+送料
年間購読 3000円(送料込み)
詳しくはメールにてお問い合わせください。

〈その他〉
鶴崎・川﨑・野上により手売りしています。お声がけください。

〈お問い合わせ〉
tsurusakiizumi@gmail.com
観察と編集 鶴崎 宛て

2019年2月12日火曜日

ひと月 一


〈もくじ〉

対話「こどもと整体」
 - みんなこどもだった
 - なんで生きてるの?
 - 二年半分の言葉で考える
 - 教育と発育
 - 最初の三年間

絵解き「体操をつくる」
 - 眠りの体操
 - 左利きの体操
 - 優しい体操

整体覚書「道順」
 - はじめに
 - 躾と個人
 - 学ぶ条件に気づくこと
 - 東西南北を考え方に
 - 誰にとっての技術か
 - 整体操法とは何か
 - 能の能としての力
 - 技術は道具である
 - 卵が先か鶏が先か


〈執筆と編集〉
川﨑智子(と整体)× 野上麻衣(保育士)× 鶴崎いづみ(観察と編集)

〈発行〉 2019年2月15日
〈部数〉 50部+増刷30部
〈定価〉 300円(送料別)※年間購読 3000円(送料込)
〈版形〉 B6サイズ/全22ページ
在庫あり

2019年1月2日水曜日

年始




年末に、実家の前を流れる川を辿ってずっと歩いた。
その日の朝、昔、お城の周りを水攻めにするとき、私たちの先祖は川の堰を止め、水の流れを変える仕事をしていた、ということを父から聞いた。
そういう理由で私たちの家は川の前にあるのだ。
「そんかことも知らんで俺は泳ぎよったたい。」と父は言った。
そんなことも知らず、私もよく祖父に連れられこの堰のあたりで泳いでいた。
30年くらい前の記憶に30年くらい経ってからまた新しくレイヤーが加わる。
年を重ねるごとに前後左右にと解像度はあがっていき、日々は面白い。
今年もよろしくお願いします。